Message

先輩社員の声

Interview

和食ト酒あお季

常務取締役

刀根 直樹

刀根 直樹

グループ内の複数店舗と会社との意識共有や、実際の施策など
現場と運営の橋渡しを行う大事な役割 主な仕事内容

10店舗以上の飲食店を経営するグループ会社となると、各店舗の実際の動きや、施策、向かう方向性などの共有が非常に大事になります。

1店舗や数店舗の運営だと、ある程度社長の声が届きやすく、シンプルに動かすことができますが、この規模になるとそうはいかないのです。

当然このような仕事は、私も一朝一夕でできるようになったわけではありません。
店舗スタッフとしての実績、店長としての実績、もちろん料理人としても。

そうした実務を経て、今は取締役としてマネージャー的に店舗を巡回し、営業方針の伝達、商品構成や店内レイアウト、在庫管理等の指導、店長の育成までを行っています。

この貴重な経験は、あお季ホールディングスの規模感ならではの物だと思います。

会社として様々なチャレンジを果敢に行う姿勢。
何より飲食店が好き! 入社のきっかけ

今までの経歴も飲食系だったので「飲食店で働きたい!」というシンプルな考えでエントリーしました。

写真の通り和食系の料理人としてのスタートです。
今までの飲食店勤務の経験を活かすのに最適な店舗を、いくつも運営している会社だという印象が強かったです。

また、和食以外にも色々な料理に興味がありました。
当時はまだ今ほど店舗数はありませんでしたが、お話を聞くと様々なチャレンジを行っているし、行っていく予定との事で、ワクワクが先行していました。

今では和食系各種、おしゃれダイニング系、韓国料理、パンケーキ・・
これから入社される方は、当時よりもっと魅力的になっているので、本当に仕事を楽しめるだろうなと思います。

個々の成長が育む、チームとしての成長。
成長するチームはお互いが助け合う土壌に。 職場の雰囲気

あお季ホールディングスが運営する飲食店は、業態は本当に様々です。
しかし、同じ意識を持って取り組んでいるので

「美味しい料理、飲み物を提供したい」
「お客様に楽しんで欲しい」
「そのためには・・・」
を個々に考える力があると思います。

これらは、大事なメンバー1人欠けても実現できません。
みんながそれぞれの役割を理解し、お互いに助け合い、今では仕事中言葉を交わさなくてもアイコンタクトでわかるレベルです。

よく聞く言葉だと思いますが、本当に一人は皆んなのために、皆んなは一人の為に、そうやってお店を運営しています。

・・・・・。 あお季ホールディングスの一番良いところは?

これは本当にシンプルです。

従業員ファーストで「意見を大切にして、従業員個々を尊重」してくれるところです。

回答が少なくて申し訳ないのですが、これに尽きます。

1人で飲食店スタートをしたとするなら
絶対にありえないチャレンジ環境 あお季ホールディングスで挑戦したい事は?

会社として、あらゆる挑戦を常に行なっているので、私自身常にその中心部にいて常に活躍をし続けて行きたいと思います。

具体的には
・今のマネージメント機能が何店舗まで通用するのか
・通用しなくなった場合、誰をどう育てるべきなのか
・その時に発生する問題はどのような事があるだろう

このような事で悩んでいます。

いや、言い方が逆でした。
1人で飲食店を作ろう!と思ったら、こんな贅沢な悩みは絶対にできません。

「自分が活躍できる場」「それを認めてくれる場」
この環境に甘える事なく、更なる拡大をどれだけ中核でコーディネートできるかを、常に挑戦したいと思います。

Recruits

グループ会社TAO店舗

グループ会社アクアマン店舗